債務整理

債務整理マガジン
債務整理マガジン

債務整理マガジンオススメコンテンツ

  • おすすめコンテンツ
  • おすすめコンテンツ
  • おすすめコンテンツ
  • おすすめコンテンツ

債務整理マガジンコラム

コラムのタイトル

タイトルがはいります

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

コラムのタイトル

タイトルがはいります

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

コラムのタイトル

タイトルがはいります

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

コラム一覧

聞きなれない債務整理という言葉、あなたは知っていますか?借金に無関係な人ばかりか、借金に苦しんでいる人でも知らない人が多いです。

債務整理は文字通り「債務(借金)を整理すること」をいい、法律で国が認めた借金の減額・免責してくれる方法です。債務整理には「任意整理」「個人再生」などありますが、有名なのはおそらく「自己破産」でしょう。

自己破産というと身ぐるみ剥がされて何もかも失うイメージですが実際にはそうではありません。

債務整理ってどういうことをするの?

では具体的に債務整理でどのようなことをするのかを確認していきましょう。債務整理には債務者の状況に応じていくつか種類があります。

任意整理

安定した収入がありながらも、借金の返済を続けている人向け。裁判所を通さず、弁護士が代理人となり消費者金融と交渉して無利息で3〜5年かけて返済する手続き。

特定調停

債務者自らが裁判所に間に入ってもらい債権者と直接交渉して減額してもらう手続き。専門家に頼まない分、費用が安く済むが時間と手間がかかります。

個人再生

住宅や土地など手放したくない資産があったり、職業柄自己破産できない人向け。住宅ローン以外の債務が5000万円以下・継続的な収入が見込める人が条件。債務額1/5を3年間で払い終われば残りは免責になる手続き。

自己破産

いよいよ借金の返済に行き詰まってしまった人向け。借金がゼロになる。生活に必要な最低限の財産以外は没収される。ギャンブルや浪費が理由の借金だと自己破産できない。

過払い金返還請求

債務者が債権者に払いすぎた金利を返金してもらうため権利です。過払い金返還請求をするとそれ以降、その債権者とは取引できなくなります。

以上が債務整理の種類です。特定調停以外は、弁護士か司法書士に依頼し債務整理をしてもらう形になります。

債務整理におけるデメリット

債務整理を行うと、過払い金返還請求以外は信用情報に債務整理を行ったことが記載されてしまいます。「信用情報に債務整理の記載がされる=ブラックリスト入り」というわけです。

そのため借金完済から最低5年は新規借入・クレジットカード・ローンは組めなくなります。また官報と呼ばれる国が発行する日刊の機関紙に個人情報が掲載されます。自己破産の場合には職種や行動が制限される場合もあります。

債務整理におけるメリット

しかし、債務整理とはあくまで借金に関する悩みを解決するための手続きなので悪いことばかりではありません。まず債務整理を行うことで督促がストップするので、精神的に追い込まれなくなります。

それまでの仕事を辞める必要もありませんし、保証人でなければ家族にも影響はありません。

債務整理には遅いということはありません。もし借金で悩んでいるなら今すぐ債務整理することをオススメします。

あなたが借金をした理由なんてどうでもいいです。「今、借金を抱えてどうしようもない」この状況のほうがはるかに大事です。

自殺もちょっと考えてる?そんなこと言うのはやめてください。こんな記事なんて読まないで今すぐ行動に移しましょう。そう!債務整理をするのです!

借金地獄から脱出する

借金地獄にハマった人々を救済するためだけに「債務整理」は存在しています。正直、お金を貸した側や保証人にはこれっぽっちも嬉しいことではありません。

そりゃそうです、借りたお金がきっちり返ってこないんですから。そういう側面を知った上で債務整理を行ってください。じゃないとまた同じこと繰り返します。

債務整理をした人の1/3はふたたび債務整理する羽目になっているんだからそれなりの覚悟をもって債務整理にあたってください。

債務整理をすることで減るのは借金だけではないかもしれません、そこは肝に銘じてください。

債務整理の種類

務整理は抱えている借金のレベルによって内容がガラリと変わります。

まず、借金の大雨レベル「任意整理」。

返せるアテはあるけれど利息払ってばかりで全然借金が減らない。こんなこと続けていつになったら返せるの?状態。債務整理のほとんどがコレ。

費用は結構かかるけど任意整理をすることで利息がカットされるので完済がより近くなります。裁判所を通さない交渉なので、裁判所にいく必要はないし家族にもバレない。まれに和解成立しない場合もあるのでそこは注意。

次に、借金の床下浸水レベル「特定調停」。

今はいいけど、いずれ行き詰まって支払えなくなるのが目に見えてる状態。これも裁判所を通さないからバレにくいし本人による直接交渉だから費用は安いんだけど、仕事を休んだり書類も用意しなきゃで時間と手間がかかるのでオススメできません。

こちらもあくまで交渉なので素人相手に和解しない債権者も多く、デメリットNO.1の債務処理方法と言えます。

続いて、借金洪水レベル「個人再生」。

個人であること・借金総額が5000万以下・一定の収入が継続して見込める場合のみ、裁判所を通じて借金を1/5まで減らすことができます。最大のメリットは家を手放さなくていいこと。ただし家のローンは対象外。

裁判所で認められた借金返済スケジュールを3年間きちんとこなせば残りの4/5はチャラになる嬉しいシステムだけど、その分、時間も費用もかかるので要注意。あと、保証人になってくれた人に請求がまわるのでそこは覚悟が必要。

借金津波レベル「自己破産」。

借金に縁のない人でも一度は聞いたことのある自己破産。そのイメージの通り、支払い不能と判断された場合に借金全額チャラ。最低限の財産以外は没収され、無収入でもOKだけど自分勝手な理由(ギャンブルや浪費)では自己破産はできないようになっています。

自分の借金はチャラになっても保証人にはばっちり請求がいくのでそちらの人間関係もチャラになってしまうかも・・・。でもそれくらいのお咎めを受ける覚悟がなきゃ自己破産する資格なんてない!苦しみを取り払うにはそれなりの代償が必要です。

最後は今までとは違うけれど、借金の恵みの雨レベル「過払い金返還請求」。

CMで頻繁にやってたので知っている人も多いでしょう。文字通り、金融業者がとっていた法外な利息の過払いを返してもらうよう請求できる権利。

返済中でも返済後でも構いませんが時効があります。お金は戻ってきますが一度請求をすると、二度とその業者とは取引できなくなります。

過払い金返還請求以外は、ブラックリストに5〜10年掲載されるので新規借入・ローン・クレジットカードが利用できなくなります。

また、個人再生と自己破産は国の広報誌「官報」に載りますが、一般の人が目にする機会はあまりないからそこまで大変なことではないかも。

いずれにしても債務整理は早いに越したことはありません。

おまとめローンもあるけれど・・・

複数の借金を一本化してくれるおまとめローンは、正直オススメはしません。

「返済日が月1になる」「毎月の返済額が減る」「金利も安くなる」とまるで良いことしかないように見えますが、当然デメリットもあります。

毎月の返済額が減っても借金自体の金額は変わらないわけで、返済期間が長くなり完済するまで利息を払わなければなりません。

おまとめローンは審査が厳しく過去の返済実績も影響するため、審査自体通らない人のほうが多いです。

返済を目的としたローンなので追加利用ができなくなるのが最大のデメリットかもしれません。

また、おまとめローン利用中に他社から借入すると契約違反になる場合もあるので注意が必要です。

今後一切借りず返済に全力を注ぎたい場合には、かえっておまとめローンのほうがいいかもしれませんね。

まずは弁護士の無料相談へ

おまとめローンは借金を1つにまとめるだけであり、抱える量は変わりません。

行き詰まっている今の状態を良くするにはやはり債務整理。ありがたいことに今は無料相談できる法律事務所も多いです。

それどころか直接行けなくても電話やメールで応対してくれるところや、24時間いつでもOKなんてところも。

借金地獄に悩める人のニーズを本当によくわかっていらっしゃる。

「ただほど怖いものはない」と誰が言ったかわかりませんが、これは借金問題のプロの「無料」です。

借金を抱える人の状態をわかった上で相談しやすいように「無料」で提供してくれているのです。お言葉に甘えて気軽に相談してみましょう。

弁護士や司法書士との直接会うと第一印象でみえてくるものあります。

得意分野も違ってくるので可能なら3社くらい相談してみて、より自分の理想に近い解決策を提案してくれる弁護士・司法書士に出会いたいものです。

借金を抱えていると精神的に塞ぎこんでしまいがちです。悪いことばかりが頭をグルグルまわって精神衛生的にもよくありません。しかも塞ぎこんでも借金が一円も減るわけでもありません。このまま何もせず明日になっても借金は減らず、返済日が近づくだけです。

誰にもいえずひとりで借金問題を解決しようとしてこのページにたどり着いたのであれば、債務整理を行って新しい気持ちで返済していきませんか?今からでも遅くはありません。

「債務整理マガジン」は債務整理の総合情報サイトです

債務整理マガジンは、任意整理、民事再生、自己破産など最適な債務整理の方法を発信する総合情報サイトです。


ページのトップへ